日常生活に注意

矯正後に気をつけること

この季節、腰の痛みや下肢のむくみや冷え性に悩まされている人は多いのではないでしょうか。 半身浴で身体を温めたり、ストレッチやマッサージなどを行っても効果があらわれない人も多いです。 また、一時は効果があってもすぐに症状が戻ってしまうこともあります。 そのような場合、骨盤の歪みが影響していることがあります。 骨盤の歪みが影響している場合は、骨盤矯正をすることで症状が緩和されます。 骨盤矯正とは、歪みの出ている骨盤を元の正しい位置に戻すことです。 主に、接骨や整体で施術を受けることが出来ます。 最近では自宅で簡単に行える骨盤矯正グッズも販売されています。 現代人は仕事が忙しく、骨盤に問題を抱える人がとても多いです。 骨盤矯正の需要も年々増加していて、今後も大きく発展することが予想できます。

せっかく骨盤矯正を行っても以前の生活を見直さなければ、しばらくすると再び骨盤が歪んでしまいます。 以下のことに気をつけることで骨盤の歪みを防ぐことができます。 まず一つ目は、姿勢です。 姿勢の崩れは骨盤に大きな影響を与えます。 胸をはり、背筋を伸ばすように心がけてください。 また、座っているときに足を組むクセのある人は改善するようにしてください。 二つ目は、靴です。 骨盤のことだけを考えると、ヒールの高い靴は避けたほうがいいです。 また、靴底がバランス悪く磨り減っている靴にも気をつけてください。 三つ目は、筋肉です。 適度に運動をし、体幹を鍛えることで骨盤をサポートします。 筋肉をつけることで腰痛改善にも効果があります。 このように日々の生活習慣を少し気をつけるだけで骨盤矯正の効果を持続することができます。